SPR-NX工法

新世代のSPR工法
  小型製管機・支保エレス注入

SPR-NX工法は 
SPR-NX工法は従来のSPR 工法の特徴をそのままに、施工中の流下阻害を低減し工期短縮が可能な複合管更生工法です。
SPR-NX工法
紹介動画
comming soon

▼ SPR-NX工法の特長 ▼

断面阻害率が10%以下
徹底した施工機材の小型化により、流下阻害を軽減しました。高水深管きょ、ゲリラ豪雨等による急な水位上昇にも対応できます。

支保エレス注入
支保エレス注入技術(浮上防止のみ)により、安全な施工を実現しました。

短工期で施工可能
支保工の設置・撤去期間の削減により工期の短縮を実現

基本仕様

管種
鉄筋コンクリート管きょ
形状
円形
適用管径(既設管)
φ1,000㎜~2,000㎜
曲がり
屈曲6°以下
施工可能延長
100m
製管時環境
水を流下させながら製管可能。
水位は管径の30%以下、流速1.0m/s以下
建設技術審査証明書
(財)下水道新技術推進機構の建設技術審査証明書を取得しています。

施工手順

1.製 管
1.プロファイルに巻癖をつけます。
2.管内の小型製管機へプロファイルを供給し嵌合します。
3.製管機が更生管を造りながら、前進していきます。

プロファイル

硬質塩化ビニル・スチール補強材・かん合部シール材からなる複合材料であり
従来のSPR工法用プロファイルと比べ、スチール量を大きく設定し剛性を確保しています。

2.支保エレス注入
1.浮上防止材を更生管内に設置します。
2.裏込め材を注入します。
3.裏込め材硬化後、浮上防止材を撤去します。

3.取付管穿孔
取付管口を穿孔し、既設取付管と接続します。